仕事を辞めることを決めてからオーネットの婚活に精が出ている

結婚して引っ越すから通勤が困難になる、という理由で退職するのもありかと思い、婚活にウエイトが傾いている。

 

目標

年内に同棲、もしくは入籍。今の会社は9月末で退職。結婚の目標はあくまで目標ではあるけれど、仕事は9月末で確実に辞めるつもり。

 

わたしの個人的な退職理由に結婚を利用するのは我ながら卑怯だとは思うけれど、婚活に身が入るのは悪くない。打ち込めるものが見つかったことが大きいのだと思う。

 

そんなわけで現在、休日が婚活相手とのデートで埋め尽くされている。掲示板でのやりとりと、実際に会ってみてわたしが結婚相手に求めるものが見えてきた。

 

相手の仕事と年収

わたしがフルタイムで働かなくても生活に支障のないくらいの年収が理想。具体的には500万より上。それだけ求める以上、引っ越し・転勤の有無は問わない。

 

専業主婦にはなるつもりは今のところないが、「働きたかったら働けばいいよ」くらいに言ってくれる余裕のある人が理想。

 

年齢

年上であること。具体的には30~38歳くらい。これまで年下~同年代と婚活の場で会ってきたが、みんな結婚というより恋愛を求める要素が強い気がした。わたしより年上となれば結婚を急いでいるというか、明確な目標を持っている人が多いため、こちらと利害が一致しやすい。

 

「会社を円滑に辞めたい」という理由で婚活すること

自分の気持ちとは裏腹に結婚することは矢継ぎ早だし、視界が狭くなりそうでかなり危険だと思う。しかしわたしの場合、積極的に動くようになり、数をこなしている分、婚活において目が肥えてきたように思える。

 

これまではぼんやりとした理想しか持たず、結婚相手にどのようなものを求めているか明確ではなかったが、ここに来て相手と結婚生活や結婚までの段取りを積極的に話し合えるようになった。また、掲示板で無駄なやりとりが減ったし、効率的に動けるようになった。

 

そして現在、2人の男性に交際を申し込まれ、返事は「もう少し今後のことについて話し合ってからきちんと返事をしたい」という理由で保留中。条件的にはどちらも申し分なく、会う回数を増やして人となりを知っていけたらと思う。

 

ちなみに、婚活を頑張っていると会社に対してより一層強気でいられるようになった。9月いっぱいで辞めるということで気持ちが固まってきているからだと思う。

 

結婚はゴールではないし、抱えるものが増えるというリスクがあることは重々承知しているが、現状を良くも悪くも打破するきっかけになるのならわたしは挑戦してみたい。相手を頼りに生きるのは本望ではないため、今後も働き方というか稼ぎ方の模索は続くが、新しい環境で生きるということをわたしは求めているのかもしれない。

スポンサーリンク