転がり落ちるのは簡単

辞めるために今の仕事ときちんと向き合おうと思ったものの、現実は目も当てられない状況である。

 

www.hottoitechan.net  

注意力は散漫し、仕事は凡ミスの連発。なにをしても裏目に出る悪循環。原因は、目標のハードルを高くしすぎたことと、純粋に疲れていることだと思う。

 

わたしは仕事をさぼったり不真面目な態度はとらないが、少しでも楽をしたい、一生懸命働きたくないと考える人間である。そんなわたしが入社3カ月ごときでハードルを高く設定しても、メンタルを追い詰めるだけだったのである。

 

そしてなにより休日が少ないこともあり、体が疲弊している。帰宅が遅く、休日がほぼ週一ということで買い物や家事、ハローワークで仕事探しなどの予定が休日に集中してしまう。重労働ではないし家事は好きなので苦ではないとはいえ、ゆっくりと体を休めているとはいいがたい。

 

うまくいってるのは婚活だけ

現在、オーネットで5人の男性とやりとりをしていて、3人とは会うことが確約している。残りの方はそこまで至らずに掲示板を閉じるだろう。

 

今回お会いする男性は医学系だったり会社役員だったりと、これまで婚活してきた中でトップクラスのハイスペックな男性たちである。

 

結婚が頼みの綱という考えは好きじゃないし、わたしは自分で稼げる力が欲しい。でも、心が弱っているときの優しい言葉はひどく甘美で、判断力を鈍らせてしまう。仕事も辞めたいというか辞めるし、愛情深そうな人だし、年齢差を考えると向こうにメリットがあるのだし、少しくらい経済的にも精神的にも甘えてもいいじゃないか、という気になってしまう。

 

とかなんとかいっていざ会ってみたらやっぱり無理だと感じたり、向こうに気に入られないことももちろんありえるだろう。結婚はひとりですることではないのだから。

 

逃げる決意

やりたくないことはやらないスタンスではいるが、それでも無理させられていると感じているから仕事に強いストレスを感じているのだろう。わたしは今、幸せではない。だからここから早く逃げなくてはいけないのである。

スポンサーリンク