辞める前に自分の仕事をマスターする

長くて1年。それが今の会社にいる期限と決めた。

 

職場の同僚たちと打ち解けてきたし、立場上かわいがってもらえているので若干の心苦しさはある。しかしそれより休憩と休日はもっと欲しいし、早く帰りたい。口ではチーム全体で盛り上げていこうと言いながら、各々個人プレイでギスギスしているのを見たくない。仕事で数字に追われたくない。

 

欲を言えばきりがないが、心穏やかにいられる程よい時間だけ働くのが一番である。

 

はたしてわたしが望む場所、仕事があるのだろうか。現在、どんな業種でどういう形態で生活費を稼ぐか検討中である。とりあえずひとつの会社でしか収入がないという事態は避けたい。この先、わたし自身で稼ぐ力を身につけないといけないのだろう。

 

働く時間、場所、雇用形態など希望と求人をすり合わせ、下調べし、今の会社から離れる準備をする。それを実行するとき、今の会社でわたしは何を得ることができたのだろうか。

 

今の仕事を辞めるために

ただ時間と体力と精神をすり減らして逃げてきただけ、なんてのは愚直すぎやしないだろうか。なので、せめて今ある仕事をきちんとこなせるだけの技量を身につけようと思った。

 

確認を怠らず、ひとつひとつの仕事を丁寧にする。既存のスタッフに信頼してもらえるくらいに自分の仕事をマスターする。

 

目標に達した、と感じた時点で1年経たずとも退職していいだろう。期限は自分次第である。珍しくポジティブなようだけれど、実際は一刻も早く楽したいという思いからの決断なのである。

スポンサーリンク