させてもらうという言葉が好きじゃない

仕事をしていると「~させて頂く」という言葉をよく聞くし使うのだが、わたしはそのたびに違和感を抱く。
 
謙遜を多用し、そう思うように促す流れが好きじゃない。そういうことは他人に言われたからやらされることではなく、本人が気付いて心から思ってやるからこそ意味があるとわたしは思っているからだ。
 

別にしたくないのに「させて頂いている」

「いらっしゃいませ」から「ありがとうございました」までの一連の流れの中の言葉に意味なんてない。気分よくお金を支払ってもらうために言い方に気を付けたりはするが、いちいち感情を込めたりはしない。仕事は仕事で、愛想よくはするが働くこと自体がやりたくてやっているわけではない。
 
だからこそ「させて頂く」という一文に引っかかるのかもしれない。普段の仕事や新卒の新入社員と一緒に研修に参加していると、既存の社員やトレーナーは「~させて頂きありがとうございました」や「~させて頂くことが私たちの仕事です」と執拗にへりくだるスタンスを押し付けてくるのだが正直不気味だし、不自然だ。
 
日本だけで働く以上、この違和感からは逃れられないのかなと思ってしまった連休明けだった。

スポンサーリンク