自分の短所を受け入れられることが増えた

歳を重ねた結果なのか、ずっと忌み嫌っていた自分のウィークポイントを最近受け入れられるようになってきた気がする。

 

たとえば憧れる顔や体型があるけれど、わたしの骨格や肉の付き方から難しかったり、そもそも無理だったりする。でも自分の顔や体型の長所も好きなところもあって、自分の好みや理想とは少し違うけれどこれはこれでいいかもしれないと思う。

 

こうでなければ駄目なんてことはない

仕事が辛くても働かなければならない、ずっと同じ会社に勤めなければならない。いい歳だから結婚してなくてはならない、女性だから出産しなければならない。

 

その時流で縛られるものは変わるけれど、わざわざ縛られる必要はない。自分の心が向く方を大事にしたい。

 

そう思えるようになったのは本当に最近で、これといって誰かに影響を受けたとか、感銘を受けた経験があるわけではない。いや、あるのかもしれないけれど覚えていない。おそらくいろんな人の意見を見聞きして知識として積み重なり、わたしの中で再構築されていったのだろう。そう考えると、次はどんな自分が構築されるのだろう、なんて楽しみができていた。

スポンサーリンク