同年代でも学歴で印象がだいぶ変わる

高校を卒業して入社した人。

専門学校を卒業して入社した人。

 

わたしの職場はほぼほぼこの2パターンの従業員で占められている。

 

 

専門卒の子たちはより礼儀正しい

同期の中でも専門学校を卒業している子たちはとても礼儀正しい印象がある。在学中にサロン実習があるからだろうか、高卒の子たちが礼儀正しくないというわけではないけれど彼らとは一線を画している。挨拶のイントネーションも高卒の子たちに比べて重厚だし、頭で考えてから行動に移している部分も見受けられる。

 

社会人としての心構えというと大げさかもしれないが、そういった類の輪郭が見え隠れしている気がするのである。彼らなりに社会人として社会に出る、という重みを受け止めているのだろう。

 

高卒の子たちは愛嬌がある

高卒の子たちは専門卒の子たちに比べて甘えん坊が多い気がする。社会人歴2年の高卒の子と入社したての専門卒の子、同い年でも専門卒の子たちの方が落ち着いて見えるのである。

 

彼らは若いので当然だが、非常にパワーがある。休憩や閉店時間になれば甲高い声を上げて笑うし、なんでも写真や動画を撮る。

 

新人教育に同席した時のこと

高卒の子たちは同じ高卒の子たちとキャッキャッとはしゃぎ、専門卒の子は同じ専門卒の子と落ち着いて話していたのを見かけた。

 

歳が違うとはいってもわたしと新卒の子たちのように離れているわけでもないので、高卒と専門卒の垣根なく話したりもしているのだけれど、傍から見ているとどことなく壁があるのが面白かった。

 

専門卒だから仕事ができるとか覚えがはやいとか、そういうのは各々の能力の問題なので気にしていない。ただ、わたしも新卒の時はこんな感じだったのかと、少し感慨深くなったのである。

スポンサーリンク