睡眠不足は百害あって一利なし

睡眠が足りないと朝起きるときの絶望感が凄まじい。仕事行きたくない、まだこんなに眠いのに起きなければいけないくらいなら生きていたくないといった感じでこの世のネガティブを一身に背負ってしまう。

 

睡眠時間を確保するために

帰宅後すぐに化粧を落とす。

手早く食事を済ませる。

お風呂に入る。

髪を乾かす。

 

時間のかかるものほど帰宅して落ち着く間をとらずにとりかかる。一度腰を下ろしてしまうとアウトである。だらだらタイムが始まってしまう。

あとは日課のブログを先にまとめておく。テーマをいくつか書き留めておく。最近、夜より朝に書く方がいい気がしてきた。

 

布団に入った時が一番幸せ

先日、布団カバーを変えた。素材は綿で、これまで使ってきた布団カバーの中でも少しだけお高め。わたしにしては少し高級品。

これがとても気に入っている。肌触りがすごく好き。織り方の密度が濃いのか、引っかかりが一切なく、非常になめらか。

またとても軽いので掛け布団は羽毛布団を使っているが、カバーで潰れないし重くならない。

色味も豊富で、わたしは赤系の色で探していたからワイン色一択だったけれど、揃っている色味も多いので選ぶのも楽しいと思うし、鮮やかな色は見ていて楽しい。少し奮発してよかったと心から思えた。

 

以前は無印やニトリのカバーを使っていたけれどこっちにしてよかった。

 

後半は布団カバー自慢になってしまったが、睡眠時間が少ないと本当にいいことがないと思う。

わたしは仕事の日は7、8時間、休日は〜10時間眠れれば満足する。とはいっても、あくまで理想なので実際はだらだらしてしまって平日は6時間くらいで留まることが多い。

今後も生活の最良化に取り組んでいきたい。

スポンサーリンク