ダイエットをまじめにしようと思う

仕事が終わって家に着いてから食事するようになり、また暴食してしまうこともあり、さらに体重が増えてしまった。

 

www.hottoitechan.net

 

いわゆる美容体重だったけれど、全体的にふくよかさが増してきたのがわかる。毎年体重が冬は増え夏は減るとはいえ、美容に関する職場にいてこれはまずいと思い、まじめにダイエットに取り組むことにした。周りに美容に気遣う人たちがいると気持ちが引きしまる。

 

実践するのは以下の3つ。

 

タンパク質をしっかり摂る

タンパク質は肌や筋肉などの構成に必要な栄養なため、欠かしてはいけない。総カロリーが増えたとしても、量を減らすつもりはない。

 

気を付けることはひとつ。

炭水化物と一緒に食べない。これだけ。

 

ameblo.jp

 

夜はなるべく固形物を食べない

仕事後に家に着くのは21時近くになる。この時間にしっかりした量の食事をすると、消化がされないまま眠ることになる。寝る時間が24時頃なので猶予がない。

 

わたしの消化器官は丈夫なため、夜遅くにめちゃくちゃ食べても朝にはしっかりと空腹となり、朝ごはんをもりもり食べれてしまう。そうなるとカロリーが当然増えるため、痩せることは困難だと思う。

 

しかし帰宅後は体はクタクタ、お腹はペコペコなので何かエネルギーを摂取しなければお風呂に入ったり次の日の準備をすることもできなくなるので、効率的にエネルギーを摂れて消化に負担のかからないものということでスムージーかプロテインを飲むことにする。

 

甘いものは週に1回まとめて食べる

わたしはチョコや小麦粉を使った甘いものが大好きである。あるだけ食べてしまうため、基本的に家に常備しない。でも甘いものが食べたいと思うことが日常的にあるので、完全に断つことは無理だろうと思う。

なので週に1回だけ、通り道にあるケーキ屋さんで好きなものを1~2個選ぶ楽しみを作ることにした。

 

食事代が嵩んでもダイエットが優先

タンパク質を多く摂るとなると、肉や魚を食べることが増える。植物性のタンパク質として納豆は捨てがたいが、納豆はごはんと食べたくなってしまう。そうなると炭水化物と一緒に食べることを避けるルールが守れない。そのため動物性のタンパク質を積極的に食べていきたい。

豆腐や納豆に比べて値段は張るが、肉も魚も大好きなのでお金を惜しむつもりはない。意識しないとタンパク質は目標の量までなかなか摂れないだろうから。

 

加齢で代謝が年々下がっているだろうから思った通りに結果は出ないかもしれないが、とりあえず知識をつけて30代になる前に自分のダイエットを確立したい。そのためにも、今ある知識に基づいた方法を試していこうと思う。

スポンサーリンク