休日に何もしていなくても後ろめたくない

「休日は何してるんですか」

婚活で会う人や職場の人に90%くらいの確率で質問されるし、わたしもよく使うのだけれど、いまだに正解が見つからない。

質問した側としてはそんなに深い意味もなく、世間話として訊くのだろう。ちなみにわたしは相手がどういう形でストレスや疲れを解消しているのかによって相手の性質を知るために訊いている。

 

わたしの休日の考え方

わたしにとって休日とは仕事で人と多く関わって疲れを感じた分、ひとりの時間を作って思考を整理したり体を休めたりと毒抜きをする時間だと思っている。だれかと会う予定がある場合は楽しみの部類には入るが、肉体の疲労は溜まるのでどこかでやはりひとりの時間を作らないとストレスが残る。休日の旅行ももちろん楽しみだけれど、次の休日まで疲労が継続する。

 

そういうこともあり、わたしの休日は大体ひとりで自室にこもるか、必要最低限の外出を済ませるだけで終わる。

 

コミュニケーションの基礎体力が少ない

上記のことを正直に人に話すと、おそらく相手は「うわぁ…」と声を漏らし、引くだろう。だから婚活や職場の人には「おかずの作り置きやシーツの洗濯してたら休日があっという間に過ぎちゃうんですよね〜☆」と引きこもっていることを言い換えている。この解答を使うと相手は「主婦ですか(笑)」と満更でもなさそうに返答してくれるので婚活している人は使っていいですよ。

 

短い時間であれば相手と盛り上がったり、相手を楽しませられる自信がある。しかし、仕事のようにそれが連続すると明らかに精度が落ちる。凡ミスも増える。だから休日に孤独のチャージが必要なのである。

 

こんなんだから結婚できないんだろうけれど

関わりの浅い人には上辺だけの解答をするが、わたしは別に休日に引きこもることを恥じているわけではない。だってわたしには必要な時間なのだから。そして、そのように過ごしているわたしを受け入れてくれる人だって存在するのだから。

 

それに「明日は休みだから家から絶対に一歩も出ない!」という思いで仕事を頑張れるのだから、わたしにとって後ろめたいことはないのである。でもやっぱり、これでいいのかと不安になる時もあるからもう少しだけ活動の幅を広げてもいいのかもしれない。

スポンサーリンク