中途採用に求められるものはそれなりに大きい

わたしは3月から中途で入社し、およそ2週間の研修を経て、現在の店舗で勤めている。

採用担当者には1週間〜10日で研修を終えて配属先で勤務をしてもらう、と採用が決まったときに言われていた。予定を少しオーバーしたが、これくらいのペースがわたしの能力的に妥当だと思っていた。

 

しかし、初めて会う会社の人たちに入社時期を言う度に

「え? 入社2週間でもうこの業務できるの?」と驚かれる。

 

え? だって10日でできるようになれって言いましたやん。だから少ないおつむをいつもより稼働して覚えたのに、そこまでする必要なかったの??と、困惑するわたし。

聞けば、これから入社する新人は同じ仕事を1ヶ月かけて研修するとのこと。わたしは中途採用で接客経験者だから、採用担当者は即戦力にカウントしたかったようである。

 

決して能力が高くなく、やらなければならないことはやるけど労働に対する意欲は低いわたしがプレッシャーによく耐え、頑張ったと思う。

ピカピカの新卒と違って、当然ながら中途採用はこれまで積み重ねてきたキャリアがすぐ活用できるかどうかを求められやすい。採用されやすくなるからといって、転職活動で安易に経験者を名乗っては後々大変だとわかった。そうはいっても、経験がないと採用されにくいんだから仕方ない。

 

休日と給料日が待ち遠しいこの感覚が懐かしい。

スポンサーリンク