従業員が不安になる会社内部の問題

当たり前なのだけれど、どこの会社も少なからず内部に問題を抱えているようである。


今の会社に入社して半月が経った

前職の経験もあるので仕事には抵抗なく取り組めていると思う。休憩や休日が少ないことは気になるが、やらなければならないことがいろいろあるため前職より時間が経つのが早く、充実していると言えるのかもしれない。

 

そうやって少しずつ周りが見えてきたところで、会社に対して不安を感じるようになってきた。というのも、先輩や他のスタッフから幹部や会社内部の話を聞いているからである。

 

会社上部の人間と現場の人間

もともとグレーな点の多い美容業界。そして求人票と現実との労働環境の差異や従業員の待遇など、短期間ではあるが見聞きしている限りこのまま身を任せていて大丈夫とは思えない。

幹部やベテランのスタッフたちは転職を経験しないまま今の会社に勤めている人たちがほとんどで、会社に盲信しているというか、そこしか知らない人たちが多い。だからわたしや中途で入社したスタッフが他の会社と比較してどういった点に戸惑ったりギャップを感じているのか理解できていない様子である。

そして幹部の中でも情報が行き届いておらず、各々指示された現場のスタッフも「上の言っていることがそれぞれ違う」と戸惑っている。

 

中途採用の新人が思うこと

前の会社を引き合いに出すのはあまりしたくないけれど、前職は業界大手の会社だっただけに現在不安に感じている点での心配はなかった。違う点での内部への不満はあったけれど。


既存の従業員が会社や幹部の方針に翻弄される姿を見てしまっては、新人は満足に働けないな〜と思ってしまったのである。

スポンサーリンク