【後編】職場のモテ男考察

どこか隙がある

妻子持ちのため一見とりつくしまがないモテ男だが、そこで女性を完全にシャットアウトしない。

 

仕事中は口説くかのように女性を褒めるし、彼氏のような手つきで髪に触れる。

 

わたしがこいつすごいな、と思ったのは、モテ男と好きな料理について話していたときのこと。
お嫁さんの作るごはんに不満はないけれど、欲を言えばメニューがあまり好みではない様子。


こういったところで「私だったらあなたの好みに応えてあげられるのに」といった感じで女性が付け入る隙を与えるのに加え、モテ男自身も「作ってよ」とか「だれか作ってくれたらな〜」などを平気で言う。
モテ男に気のある女性だったら勇んで作るのではないだろうか。さすがにお客さんが持ってくることも受け取ることもないだろうけど。 

 

あと、気温の低い外から戻ってきたときに「だれか抱きしめて暖めてくれないかな〜」と軽い調子で言って、こちらを見る。
こういう愛嬌のある振る舞いを自然にできるモテ男のコミュニケーション能力に、陰キャのわたしは毎度驚かされる。この男は自分がこうしたら女性にどう思われるかをわかってやっているのだろうか。もしそうなら末恐ろしい。

 

ふとした瞬間、オスの部分をのぞかせる

わたしがパソコンを使った作業でモテ男に「ここどうやればいいですか?」と聞いたときのこと。
マウスを持っていたわたしの手とモテ男の手がうっかり触れてしまい、少女漫画なら顔を赤らめてお互い手を引く場面。
しかしそこはアラサーで、かたや妻子持ちのモテ男。何もなかったようにわたしは近くに手をどかし、モテ男も同様にマウスを動かす。
そしてわたしにマウスを返すとき、モテ男のマウスを持っている手が近くに置いていたわたしの手にまた触れた。ここでパッと手を引かないあたり、わたしはこちらが受け入れるのか拒絶するかをモテ男が見極めているように感じた。何も考えずに元あった場所に戻したら触れてしまったという可能性もあるけれど、わたしはそういうところにモテ男のオスの部分を感じ取ったのである。


そしてそれは男女の関係が始まるときに起こるものだと、経験上思っている。わたしとモテ男には起こらないけれど。

 

考察してみて

こういった点からモテ男のモテポイントが積み重なっていくのだろうという、主観的な考察だった。


女性に受け入れられやすい外見を作り、高いコミュニケーション力で相手を楽しませ、既婚とはいえお嫁さん以外の女性も拒まないスタンスのモテ男がモテないことないだろうという結論である。

スポンサーリンク