転職してから考えていること

アパレル系の販売から受付に転職して、早いものでもう二週間になる。

まだまだ知識が足りなくて自信がないのと、優先順位がつけられなくて先輩方に頼りっぱなしだけれど、少しずつできる仕事を増やしているところである。

 

前職は就業時間は8時間の休憩1時間厳守でホワイトだったが、現職は基本的に開店前から閉店までいるため11時間ほど職場に拘束されている。休憩時間は1時間で、求人票に記載されている時間の半分だ。けれどひっきりなしに仕事をしているわけではないため、合間にこっそり小休憩をとりつつやり過ごしている。

 

帰宅するとクタクタですぐに寝たくなるけれど、必ず湯船につかって血行をよくするようにしている。仕事から帰り、お風呂に入り、次の日の用意をして、ブログを書いて寝る。これをおよそ二週間続けている。このルーチンが1年、2年と続いていくのかもしれない。

 

この仕事をしていると美容の面でそれなりの恩恵にあやかれるけれど、35歳までにもう一度転職するのだろうな、と思っている。なにせ拘束時間が長いのである。この状況に体が慣れてしまえば、もし次の仕事で8時間労働に戻ったら体感が狂ってしまいそうだ。35歳までに、というのは言うまでもないと思うけれど、雇用条件に35歳以下を指定している会社が一応あるからだ。

理想を言えば雇用以外で自分の収入を作り、それに加えてフルタイムではなくそこそこの時間だけ労働をしていたい。そのためにも今はブログを書いて、頭の中を整理していこうと思う。

スポンサーリンク