職場の男性を婚活目線で見てしまう

婚活をなまじ続けているためか、職場の男性を婚活市場ではいかがなものかと勝手に考えていた。

 

ポイントは外見、コミュニケーション力、年収

外見

わたしの職場の男性は美容に携わる方々。見られる仕事をしているだけあって髪も肌も服装も気にかけていらっしゃる。20代半ばくらいに見えるけど30代半ばなんてのはザラ。

 

そういう若く見える方を見ていると、中にはひげ脱毛している方がいる。ちなみにわたしは男性のひげ脱毛は賛成である。清潔感があって見た目もいいし、外見に気を配っている点がいい。相手に好印象を持たれる男性っていうのは、ただ顔を洗っているだけでは作れないのである。

 

コミュニケーション力

これも当然ながら申し分なし。職場の男性となんの不自由もなく仕事からプライベートについて話していると、わたしは心から痛感する。オーネットを通して会った男性たちとのコミュニケーションがいかに難儀だったかを。

倒置法を使いたくなるくらいに刺さる。

 

そして年収

これは店長、副店長などの立場でなければ、他業種の同年代と比べると低くなるのだと思う。独立開業をなしとした場合、専業主婦希望の女性だったら素通りするだろう。

しかし、共働きを希望する女性であればなんの問題もなさそう。だって、金銭的価値を上回るコミュニケーション技術と忍耐、そして若々しいビジュアルを彼らは持っているから。

ただし、それ故に浮気だったり他の心配が出てくるかもしれない。

 

 

もう少し職場に慣れてきたらもっと細かく掘り下げてみたいと思う。

 

 

スポンサーリンク