無料エステ体験が終わった話

目次

 

同じアパートの住人の紹介でエステの無料体験に行ってきた。

 

www.hottoitechan.net

 

わたしの美肌理論

スキンケアやメイク、エステなど美容の分野に興味はあるものの、化粧品や美顔器に頼るのはあまり好きではないわたし。化粧水や美容液が浸透するのは表皮までで、本当の美肌は食べ物や生活習慣、ストレスなど内側から作られるものだと思っている。

 

エステでマッサージしてもらうのは気持ちいいから好きだけど、ちょっと体験しただけで肌が変わるとは思っていない。そんなわたしがエステ体験。

 

体験スタート

アパートの住人と一緒に店舗に向かい、担当者と雑談しながら今日の段取り、会社と商品の説明をされ、まずはクレンジングして洗顔。

そして顔にマッサージジェルを塗布し、スチームを浴びながら機械をくるくる動かしながら当てていく。汚れ除去やしっかりお手入れなどいろいろなモードがあるけれど、わたしは一通りさせてもらった。

 

結果、継続しないことには効果はわからない。

 

汚れ除去モードもさせてもらったけど、普段あまりファンデーションを塗らないからかそこまで目立った汚れがなくてよかった。

 

エステ体験終了

そんなわけで体験を終え、機械の購入を勧められたけど部屋に物を置きたくないからとお断りしました。アパートの住人も担当者も無理に買わせようとはしなかったので、すんなり帰れた。

 

で、帰り道にアパートの住人に

 

「35歳になったときにどんな自分になっていたい?」

 

と聞かれた。転職活動を終えたころに面接官みたいなことを聞かないで頂きたい。

 

というかわたし、自分の将来像が本当に思い浮かばない。幸せにしている自分が想像つかない。仕事をバリバリしていたり、子どもを抱えて愛する旦那が横にいるのがわたしの幸せかと聞かれると自信がないのである。

なので正直に「わたしはいつ死んでもいいと思っているので、数年後自分が何しているかまったく想像できないです」と答えた。我ながら返答に窮する返答だと思う。

 

最後に「歴代の彼氏にも美顔器使わせてきたんだけど、みーんな肌が汚い!」と言っていたけれど、わたしが男だったら部屋にウン十万円する美顔器置いてる彼女は嫌だ。

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ

スポンサーリンク