レセプションの求人に応募した話

昨日ハローワークで紹介状をもらったので企業に応募書類を郵送した。

これまで転職エージェントを通しての応募だったから、自分で書類をコンビニで印刷したり郵便局に行ったりとなかなか面倒くさかった。これが嫌でエージェントを利用していたのもある。

 

今回は美容室のレセプションの求人。

年収は前職とさほど変わらないくらい。ただし休日日数が前職よりかなり減るうえに、開店から閉店までいなきゃならないようで拘束時間が長い。サービス業は過酷ね。

正直なところ、好条件とはいえない。こちらのメリットといえば、在籍中はヘアー料金が無料になるくらいか。法外な労働環境でさえなければいい、と思ってしまうあたり、わたしの中で自分の価値が低くなっているのかもしれない。長期間のニートは危険だな。

これまで転職エージェントにまばゆい労働条件と福利厚生を兼ね備えた企業を紹介され続けていたので、自分のアンテナだけで探すとこうも違うのかと驚いた。まあ、好条件の大手企業がわたしに合っているとは思えないのだけど。

 

レセプションの仕事に触れる機会だと思って応募してみたわけだけど、まずは書類選考が通過しないと話にならない。結果は寝て待て。

 

郵便局からの帰り道を歩いていると、道路はすっかりと除雪されていた。道路の脇に雪が高く積み上げられて車道は狭くなっているけれど、通常の運転には支障はないだろう。しかし、この雪が完全に姿を消すのは当分先だろうと思った。

理由もなく近所のパン屋に寄って(応募しようと思っているパン屋である)、食パンを買ったら試食をいろいろ入れてもらったのでわたしは気分よく帰宅できた。

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ

スポンサーリンク