彼女がその名を知らない鳥たちを観た感想

目次


 

あらすじ

15歳年上の男・陣治と暮らしながらも、8年前に別れた男・黒崎のことが忘れられずにいる女・十和子。不潔で下品な陣治に嫌悪感を抱きながらも、彼の少ない稼ぎに頼って働きもせずに怠惰な毎日を過ごしていた。ある日、十和子が出会ったのは、どこか黒崎の面影がある妻子持ちの男・水島。彼との情事に溺れる十和子は、刑事から黒崎が行方不明だと告げられる。どれほど罵倒されても「十和子のためだったら何でもできる」と言い続ける陣治が執拗に自分を付け回していることを知った彼女は、黒崎の失踪に陣治が関わっていると疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯えはじめる――。

公式ホームページより

 

感想

原作は未読です。映画予告を観て興味があったので、鑑賞しました。

最後の陣治(阿部サダヲ)の決断がこれからの十和子を考えたときに本当に正しいのかちょっと不思議だったのですが、時々咳き込んでいたのもこの決断へのフラグだったのでしょうか。なんにせよ、陣治のすべての行動は十和子を守るためなのだと思います。果てのない純愛を感じました。

 

蒼井優演じる十和子について

十和子のような孤独や闇を抱えた女性がろくでもない男性を引き寄せてしまうのは仕方ないことなのかな、と考えてしまいました。そういう男性は十和子が甘い言葉や愛情を求めていることを、 簡単に見抜いてしまうんですよね、きっと。

だからこそ、十和子には陣治のような男性が傍にいなければいけなかったのだと思います。この物語の男性の中で、唯一陣治だけが十和子にとって意味のあることをし続けていたのだから。

 

ところでわたし、昔は蒼井優さんに性的な印象がなかったのですが、東京喰種と今作を観て とんでもない色気のある人だ と思いなおしました。ベッドシーンがどうのこうのというわけではなく、存在に色気が滲み出てる。素敵です。これだけでも観る価値がありました。

 

登場する男性について思ったこと

不倫男水島(松坂桃李)ですが、闇を抱えた女性に「わたし何するかわからない」と言わせたら、相応の覚悟がないといかんですね。楽観視していたらそりゃそうなります、相手をなめたらいかんですよ、という感じ。

ゲス男黒崎(竹野内豊)に関しては、「男性の口約束ほど無意味なものはない」と思いました。自分の身は自分で守れるようになりたいですね。

 

総評

誰も幸せにならない映画ですが、面白かったです。好きでした。グダりがないので気付いたらエンディングを迎えていて、かといって物足りないわけでもなく、見入っていました。あと、一緒に住むひとは清潔感のあるひとがいいと思いました。

 

kanotori.com

 

 

スポンサーリンク