雪国育ちのわたしがウインタースポーツに興味がない理由

f:id:tencel:20180113214858j:plain

 

連日、除雪車が稼働しているのを見かけます。

うちのアパートの前も除雪車が通るのですが、

駐車場は当然自分たちで雪かきをすることになります。

 

わたしも二日続けて雪かきをしたのですが、

二日目の晩、腰痛 に苛まれました。

 

そのたびにわたしは思うのです。

 

スキー・スノボーは絶対やらない、 と。

 

広告

 

雪かき自体は運動になるし体が温まるので嫌いじゃないんですが、

どれだけ腰に注意して膝を使っても、腰痛は必ずやってきます。

やり方が下手なのか、

小さいころから年に数回雪かきをしてきているのに

いまだに腰痛はやってきます。

 

あるあるだと思うんですが、

大学入学当初ってスキー・スノーボード部(サークル)の先輩が一人はいて、

「やらないのもったいないよ~!」とか言いながら

めちゃくちゃ勧誘してくるんですよ。

そのときわたしは「お金かかるので~」と毎回お断りしていました。

 

スキー及びスノーボードに罪はまったくありませんが、

 

生活に不便だから次の日腰が痛くなるのを覚悟して雪かきしているのに、

なんでわざわざ危険な雪道を運転して雪山に登って雪遊びしなきゃいけないんだよ。

 

そう思いながら。

 

割と積雪の多い地域に住んで今年29歳になりますが、

今までウインタースポーツをやったことがありません。

 

小学生のころに近くの公園の雪山に登ってそりで滑って以来です。

学校でスキー教室みたいなのはありましたが、

自由参加だったのでもちろん不参加でした。

 

 

どれだけもったいないと言われようが、

わたしがウインタースポーツを嗜むことはこの先もないと思います。

 

 

あと雪かきの途中でスコップがバキッと折れて絶望しないためにも、

雪かきスコップはケチらない方がいいですよ。

積もったばかりのやわらかい雪にも、日が経って重くなった雪にも対応できる

丈夫なものをひとつ用意しておくのがおすすめです。

 

 

 

 

スポンサーリンク