接客業していたけど接客するのが嫌い

アパレルの販売員を6年近くやっていたんですけど、

仕事を好きだとか楽しいとか思ったことがありませんでした。

 

広告

 

売り場に人が入ってくると嫌悪感すら抱くし、

アプローチかけて接客しなければ… と気持ちが萎えていました。

 

なので、お客様に楽しくお買い物してもらえるように~とか、

お客様のありがとうという言葉がやりがいです!と語る接客業の方の

コメントを見ると心から尊敬するし、

わたしは生まれ変わってもその考え方を持つのは無理だと思います。

 

ありがとう、と言われたらそりゃあ嬉しいですけど、

こっちが本当に嬉しくなるくらいの感謝を伝えてくれる人が

毎日来店してくれるかっていうと当たり前ですが、そんなことはない。

正直、労働に対して対価が釣り合わないと思う。

 

じゃあなんで接客業だったの?と思われるかもしれませんが、

それはわたしが 別に好きじゃないけど苦手ではなかった からです。

 

仕事を 好きで得意なこと で選ぶって

続ける意味でもすごく大事なことなんだな~って仕事を辞めてから

思うようになりました。

 

saekisan.hateblo.jp

 

スポンサーリンク