自分の才能を知るためにわたしがしたこと

目次

広告

 

強みを「見える化」してくれるストレングス・ファインダーとは

自分の強み、才能をWebで診断してくれるツールです。

本についてくるアクセスコードをWebサイトで入力し、

診断テストを受けると結果が表示されます。

 

自分の強みベスト5を教えてもらえる んです。

 

性格診断テストかな?ちょっとやってみようかな? くらいに

軽く取り組もうとするも、

こちら、約2000円の費用がかかりますので、

人によっては躊躇があるかと思います。

 

というのも、テストを受けるにあたって必要なアクセスコードが

本についてくるのですが、こちらひとつにつき1回しか使用できません。

中古などで手に入れた本だと既にアクセスコードが使用済みである

可能性が高いため、新品で購入する必要があります。

そしてこちら、新品がおよそ2000円します。

 

わたしもストレングス・ファインダーの存在は

結構前から知っていたのですが、

 

え~、性格診断テストみたいなのに2000円は高いな~

 

と思い、購入に至らないまますっかり忘れていました。

が、転職活動をするにあたって自分を掘り下げようとしたところ、

 

自分が何をできるのか、何が得意なのかまったくわからない

 

そんなときにネットの世界で再会したのが

ストレングス・ファインダーでした。

 

そしてわたしは躊躇せず、購入していました。

わたしは注文してから本が届くのが待てなかったので、

公式サイトから直接アクセスコードを購入しました。

 

CliftonStrengths Solutions | gallupstrengthscenter.com

 

およそ30分程度のテストを終えた結果

f:id:tencel:20180102151036p:plain

 

じゃん。

 

ギャラップ社の調査から分類したという34種類の強み。

その中からわたしの強み5つが診断されました。

 

  1. 内省
  2. 適応性
  3. 収集心
  4. 責任感
  5. 自我

 

わたしの最も強い武器は 戦略的思考力である「内省」

 

「内省」の才能の強い人は考えるのが好きです。

頭脳活動を好みます。脳の「筋肉」を刺激し、縦横無尽に頭を働かせることが好きです。

このような考えることへの欲求は、問題を解く、アイデアを出す、あるいは相手の感情を理解するときに発揮されるかもしれません。

何に集中するかは、他の強みによって異なります。

「内省」という資質は、考える内容にまで影響するわけではありません。

単に、考えることが好きだということを意味しているだけです。

彼らは自分の考えをさまざまな方向から捉えるのが好きです。

「内省」の才能の強い人は、思考が内側に向いています。

この才能は彼らに自分と向き合い、じっくり考える時間を与えます。

それがどの方向に導くにしても、この頭の中でのやりとりは彼らの人生で常に変わりません。

 

診断結果のレポートより引用しました。

 

こんな感じで2番目以降も説明がありますが、

この引用はほんの序の口で、レポートの量はこんなものじゃないです。

 

2000円払う価値は十分ある自己分析ツールだと思いました!

 

ストレングス・ファインダーをやってみて

転職活動中にやらなかったのが悔やまれますが、

この結果を活かさないのはもったいない。

ちょっとネットの世界で探せば

ストレングス・ファインダーの結果を分析したサイトが

たくさんあります。

自分の強みを知り、掘り下げ、活かす。

自分を知るひとつの手段としておすすめですー。

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

 

 

スポンサーリンク